SDA王滝仕様のマウンテンバイク最終確認でポタリング

Posted on 2017-05-16 in cycling

Strava: Test Inventory

近づくSDA王滝。

ぜんぜん練習なんてしていない。結構やばい。

とりあえず身体への負担を減らすためにも携行品はなるべく自転車本体に取り付けたい。だからフレームバッグ類をあれこれテスト。実際に走ってみて、邪魔にならないかを確認。また、自転車駆動部の状況を確認するためにポタリング。

SDA王滝にむけての装備

バッグは3点。行動食を入れるドイターのエナジーバッグとトピークのフレームバッグ&サドルバッグ。ボトルはフレームに1本とハンドルに1本つけてみました。ハンドルのボトルはガタつくことはないので大丈夫だろうと判断。

しかし、不安は簡単には拭えない……。

試走は、鶴見川を新横浜まで走り、六角橋、東神奈川と抜けて、みなとみらい地区へ。前日のトライアスロンの余韻はまったくありませんでした。そのまま山下公園方面から本牧のコンテナヤード方面まで走り戻ります。みなとみらいの臨港パークを散策してみたももの風が強い。第一京浜経由して鶴見川ルートで帰宅です。