自転車と模型

榛名山でヒルクライム 群馬県サイクリング

Posted on Tue 11 August 2020 ( 2020-09-17 update ) in cycle

ヒルクライムの試走したい

おーい、志賀高原ヒルクライムに出るぞ!という先輩の掛け声の元、若干名のメンバーが召集され、学生時代のホームゲレンデである志賀高原で初開催されるヒルクライム競技に参加することになった。

おーい、試走しようぜ!という先輩の掛け声の元、泊まりで志賀高原まで行こうということになった。しかし、そんな簡単にお休みをとって志賀高原にいけるような生活スタイルではないので、ひとまずお断りを入れるも、祝日月曜日の日帰りならという条件で先輩のヒルクライム練習にお付き合いすることになった。

日帰りなら志賀高原の必要はない。近場でよかろう。

ならばということで、先般、惜しまれながらも中止となったハルヒル、榛名山ヒルクライムin高崎のコースを走ろうということになる。

あれ?試走?

ま、そんなものだ……。

早朝5時。

川崎市内の集合地点に向かう。起床は4時。はっきりいって眠い。でも、駐車場までロードバイクで移動して荷物をクルマに詰め込み出発。第三京浜を使えば30分もせずに到着した。そして、眠い。

元気いっぱいな先輩たち。

50歳も近くなれば早起きは得意になってくる。ちょっとわかるような気がする自分も立派に初老だと感じる。先輩のクルマにロードバイクと荷物を載せ替えて出発。ヒッチメンバーって便利だよね。

ヒッチメンバーに積載したロードバイク

環八を経由して関越自動車道で榛名山ふもとまで。高崎でも前橋でもいいので、そこから少し走ったあたりで到着。川崎から3時間ほどもあれば到着。早いものだ。

さて、クルマを停めてヒルクライムとなる。

ハルヒルのリベンジ

ハルヒルのつもりで走るならば、当然役所のそばにあるスタート地点からだろう。

だけれども、近隣の駐車場がわからない。行き当たりばったりなので下調べはしていなかった。それではということで、ちょっとだけ榛名山に向かってクルマで走ってみようということになった。自転車で走る前にクルマで下見というやつである。

1kmほど進んだくらいで公園を発見。はるなふれあい公園のようだ。ここには駐車場がある。

もうここでいいよね?

特に否定的な意見もでることなく、スタート地点が決定した。

クルマの扉を開ける。

あつい……。

あ、あつい……。

走りたくない……。

でも、挫けずに自転車を支度し、ハルヒルをはじめる。

Mt. Haruna hill climb and Lake Haruna go around

ハルヒルはコースが3つある。

初心者コースは、我々がスタート地点としたはるなふれあい公園から少し先の一之鳥居あたりまで。すでに半分くらい消化しているようだ。

榛名神社コースはさらに進んで、神社の目印である大きな鳥居まで。

一番長いのは榛名湖コースで最大勾配14%の坂道を抜けた先にある。

先輩たちは勢いよく登り始めた。

元気だなー

油断すると乾いた笑いというのがでてしまいそうなくらい元気。

先輩たちには先に行ってもらい、のんびりマイペースに進むことにします。

アップなしでやってられるか!

と思いながらもゆるゆるとした勾配なので、さほど苦にはならない。

でも、面白くもない。ヤビツ峠前半の住宅街をいくような気分。ハルヒルは全長で16.1km。計測距離で14.7km。そういえばヤビツ峠も12kmくらいだし似たようなものかと思いながら進みます。

あっという間に初心者コースゴール。近いな。そのまま神社を目指します。

神社への道すがら電柱の標高表示や道路標識として用意された残り距離がいい大会なんだなと感じさせてくれます。

しかし、ひとりで登っていても楽しくない。

神社の鳥居が見えてきた。先輩たちが待っている。

軽くここまでの感想を交わすと再スタート。いや、そんなに休めてないんですが……。

そして現れる坂。一気にきつくなった。やる気がない状態だと力がでない。

ハルヒルルートを走る

そして、あらわれたあぶ。

あぶ・あぶ・あぶ

あぶばかりで刺されまくる。自転車のスピードがでないものだからまとわりつかれて、スネやお尻、腕、首とあちこち刺される。いや咬まれた。痛い。痛い。イタイ。

そんな格闘をしていたらゴールに到着。

季節が悪すぎた。

暑くて、あぶがいっぱい。

榛名湖をめぐる

榛名山

榛名湖畔

計測ゴールから少しくだると榛名湖畔です。

これまた無計画に一周することにしました。

いきなり現れる強烈な登り。ロープウェイ手前のあたりで無駄に登ってくだって。ぐったりです。

榛名湖温泉を通過して、キャンプ場を通過。バーベキューしてる人がいます。いいなー。楽しそう。このあたりがTTコースなのか。たしあに良さげなルート。榛名湖畔だけ流すのも楽しいのかな。

うどんとメンコロ

せっかくだから食事をしようということで、湖畔の大蔵坊こばやしでうどんとメンコロをいただきました。

うどんは美味しかった。メンコロはちょっと脂っこいかな。

サクッと食事を済ませたら、ふれあい公園まで戻ります。あっという間。

スタート地点から登るのが良いのでしょうけれど、当日の暑さを振り返れば正解だったと思います。ほんと暑かった。

お昼過ぎには帰宅準備を終えたので夕方には川崎到着。焼肉屋さんで反省会を行い、本日のヒルクライムは終了。おひらきとなりました。

back from Haruna lake

そして、後日。

志賀高原ヒルクライムは中止。

募集時期を考えたら開催するのかと思ったら中止とは……。ちょっとがっかり。