Cycle N' Craft

Mac Mini 2011 Mid Fusion Drive 化してみる

Posted on Sun 25 May 2014 ( 2018-08-03 update ) in computing

お絵描きに使っている端末がMacMini(2011年製)なんですが、ハードディスクの増設ができるといまさら気づき、もともとSSDが入っている状態でしたが、Marvericksに移行がてらFusionDriveってのを試してみたくて実行してみました。

現状はこんな構成になりました。

  • メモリ:16GB
  • 記憶域:256GBSSD+1TBHDD(FusionDrive)

今回増設したのはWestern DigitalのRED。速さはSSDに任せて手堅いのを選びました。で、増設キットを購入して取り付けます。詳しい手順の書かれた冊子が付いていたので迷うことなく作業ができましたが、なにせ細かい作業なので結構大変です。プラスチック部品をパキッとやりそうでヒヤヒヤでした。

なお、2,000円ちょいのキットより4,000円ちょいのを選んだ方が、附属の工具などの品質が良い模様です。懐かしのNuwerTech製でした。だいぶ安心のブランドです。

で、FusionDrive化は、ググって出てくるような手順で問題なく完了。あらかじめ用意していたファイルを戻して環境を復帰させました。使用頻度の少ないファイルをNASや外付けにおいていたんですがこれでちょっとレスポンスがアップすることになるのでヤッターという感じです。SSDの良いところとHDDの良いところをほどよくミックスできて良かった!

分解してハードドライブのブラケットを取り出す

さっそくMac Miniをひっくり返して裏蓋を開きます。

裏蓋を開く

メモリをはずします。

メモリをはずす

ネジを緩めてファンをはずします。

ファンをはずす

さらにネジを外してファンを本体から分離。

ファンをはずす

放熱板をはずします。

放熱板をはずす

SSDをつなぐケーブルを慎重にはずします。

ケーブルをはずす

もう一箇所ケーブルをはずします。

ケーブルをはずす

引き手を使ってロジックボード部分を少し手前に引き出します。

ロジックボードを軽く引き出し

ロジックボードから電源をはずします。

電源ケーブルをはずす

引き手を使ってロジックボードを引き抜きます。

ロジックボード引き抜き

SSDをはずし、右手にある電源を引き抜きます。

SSDと電源引き抜き

ハードドライブ固定のブラケットがはずせます。

ブラケットをはずす

ハードディスクの組み込み

ハードディスクを投入します。

ハードディスク投入

ブラケット上側に取り付けるため、逆さにした本体の下側に取り付けます。

ハードディスク固定

ブラケットを本体に差し込みます。

ブラケット差し込み

電源を本体にも組み込みます。

電源を本体組み込み

ロジックボード、SSDを本体に組み込み、取り外したケーブルを再接続します。

ロジックボード、SSDを組み込み

バックパネルをはめ込み、ねじ止めしていきます。

バックパネルはめこみ

放熱パネルをもどします。もう一息。

放熱板組み込み

メモリを取り付けます。

メモリ取り付け

裏蓋を取り付けて完了です。

裏蓋取り付け